大切なデータを守るために|データ復旧業者で元通りに|これでホッと一息

データ復旧業者で元通りに|これでホッと一息

メンズ

大切なデータを守るために

システム

何のためのデータ保全か

いまや法人だけでなく個人での利用に関しても一般的になってきたクラウドでのバックアップ保存ですが、法人に関しては、「データ保全」と一口に言っても、個人とは全く違う“責任”という側面があります。なくなっては困るデータには当然、自社内の会計・経理に関わるデータ、従業員の個人データなどに加え、受発注取引がある顧客のデータも大部分を占める機微なデータになります。個人情報保護に過敏な昨今、電子データは「消えたら困る」から「漏れたら困る」に意識がシフトしてきています。クラウドでバックアップ保存を行うことは、上記双方の問題解決につながります。データ滅失の多くはサーバーとして使う機械の故障、データ漏洩に関しては不正アクセスに起因することが多くありますが、クラウドでのバックアップ保存を行えば、専門知識を持ったサーバー管理技術者のもとで管理されているデータセンターに大事なデータを預けられるため安心です。バックアップデータをクラウドに保存することが、自社内での全責任を負ってデータ保全に時間とコストを使うことに対してどれだけ有効か、検討の価値は十二分にあります。

事業者選びは慎重に

IT関連業界においてコスト算出をする場合、インフラ(サーバーやネットワーク機器)の選択は「コスト見合い」と言われることが多くあります。つまり、お金をかければかけるだけ頑強なサーバーやネットワーク環境を手に入れられるということです。バックアップを保存するクラウド環境を選択する場合も同じです。地震の少ない、屈強な地盤の上に建つ、耐震・免震構造のビルにデータセンターを持つ事業者は、それだけ維持費がかかるものです。その代わり、ちょっとやそっとの天災には耐えうるであろうという見通しが生まれます。また、24時間有人監視であるか、サーバー故障やデータ滅失が起きてしまった場合の復元がどこまで可能であるかなども、業者選定の際に注意して比較する必要があるポイントです。データの「安心」を買うための選択を、くれぐれも“安いから”という理由で行わないように気をつけましょう。